スポンサーリンク

ブラック・ラグーン(BLACK LAGOON)

ブラックラグーン BLACKLAGOON

『ブラック・ラグーン』(BLACK LAGOON)は、広江礼威による日本の漫画、またそれを原作としたアニメ作品。

大人にお勧めというよりも、大人しか見てはいけないアニメです。
内容もかなり面白く、そこらの映画よりも楽しめます。

筆者はアニメは一度見たら二回は見ないことが大半ですが、ブラックラグーンだけは何度見たかわかりません。
それだけ内容というよりもセリフなどが印象的な作品で、何となくあのシーンをもう一度みたいという気持ちにさせるのです。

悪人が主役で、強い女が多数登場し、人を殺しまくるといった異色のアニメなので、正義のヒーロー物ばかりのアニメには興味を持てなかった人にこそお勧めしたいアニメです。

公式サイト
http://www.blacklagoon.jp/

概要

タイの架空の犯罪都市ロアナプラを舞台に、荒事も請け負う運び屋と裏社会に属する組織や人物達が繰り広げるクライムアクション作品。
銃や爆弾などが頻繁に登場し、一部のシーンにかなり残酷な描写、一部の人物の言動に表現上の問題、そして社会的な問題描写も見られる。
作中年代は登場人物の経歴や台詞から、1990年代後半であることが示唆されている。

物語は主にロアナプラを舞台に展開するが、東京が舞台になったこともある。
『月刊サンデージェネックス』(小学館)2001年4月号に読み切りで第1話が掲載された後、2002年5月号より同誌にて連載が開始された。
2010年7月号以降、ストーリー(「The Wired Red Wild Card」)が未完のまま2年半に及ぶ長期休載となっていたが、2013年2月号より連載を再開するが現在は再度休載している。
単行本は第10巻まで発売されており、累計発行部数は500万部を超えている。

アニメ化もされており、テレビアニメとして2006年4月より第1期が、同年10月より第2期が放送された。
また、2010年には第3期がOVAとして発売された。

あらすじ

日本の一商社・旭日重工の社員だった岡島緑郎は、会社の機密ディスクを運ぶ任務中に、南シナ海で違法な運び屋・ラグーン商会にディスクを奪われ自らも拉致されてしまった。
商会は、ディスクと緑郎を引き換えに旭日重工からの身代金奪取を狙っていたが、機密漏洩を懸念した旭日重工と彼の上司の景山は、ディスクと緑郎を両方消滅せんと画策し、傭兵派遣会社・エクストラ・オーダー(E.O.)へ商会の襲撃を依頼した。
やがて、旭日重工が自分を見捨てたことを景山に伝えられ、E.O.の襲撃に遭った緑郎は、狼狽の果てに閃いたアイディアを商会のメンバーへ提案し、この危機の打破に成功する。

その後、景山は再会した緑郎に対し、旭日重工社員としての日本帰還を何事も無かったかのように促す。
しかし「俺はもう死んでるんですよ。あんたがそう言った」と不信感を露にした緑郎は、「俺はロックだ」と名乗って帰還を拒否する。
商会から誘われその見習い水夫となった緑郎ことロックは、商会の船「ブラック・ラグーン号」に乗り込み、危険な任務へ赴くようになる。

単行本

巻数 発売日(初版) 図書コード 表紙
第1巻 2002年12月12日 ISBN 978-4-09-157201-4 レヴィ
第2巻 2003年7月19日 ISBN 978-4-09-157202-2
第3巻 2004年4月19日 ISBN 978-4-09-157203-0 バラライカ
第4巻 2005年7月19日 ISBN 978-4-09-157204-9 シェンホア
第5巻 2006年3月17日 ISBN 978-4-09-157020-8 鷲峰雪緒
第6巻 2006年11月17日 ISBN 978-4-09-157075-5 ロベルタ
第7巻 2007年10月19日 ISBN 978-4-09-157113-7 エダ
第8巻 2008年7月18日 ISBN 978-4-09-157140-3 ファビオラ
第9巻 2009年10月24日 ISBN 978-4-09-157189-2 ロベルタ
第10巻 2014年5月19日 ISBN 978-4-09-157375-9 馮亦菲

テレビアニメ

第1期『BLACK LAGOON』
全12話。2006年4月から6月までUHFアニメとして放送された。
第2期『BLACK LAGOON The Second Barrage』
全12話。2006年10月から12月までUHFアニメとして放送された。
話数は第1期からの継続扱いで、#13~#24となっている。
第3期(OVA)『BLACK LAGOON Roberta's Blood Trail』
全5巻。2010年7月17日から2011年6月22日まで発売された。
話数は第2期からの継続扱いで、#25~#29となっている。

オープニング映像

人気のキャラクター TOP5

順不同です。

レヴィ

ブラックラグーン BLACKLAGOON レヴィ

米系華人の娘で、過去のことに触れられたり思い出したりすると死んだような虚ろな眼になるが、銃撃戦のような命のやり取りの際には水を得た魚の如く非常に生き生きとする。
トレーニングを怠らず、銃撃しながら船から船へと跳躍することもできるほど身体能力は抜群に高い。
かなり短気な性格かつトラブルメーカーであり、ロックの正論に反発しては2人で口論になることも多い。

バラライカ

ブラックラグーン BLACKLAGOON バラライカ

タイ支部の頭目を任されている大幹部。
顔の他、首筋や胸元、腕などにソ連アフガン侵攻時に負った大きな火傷跡が幾つもあるため、「火傷顔(フライフェイス)」と呼ばれることもある。
旧ソ連軍時代の最終階級は大尉(カピターン)。

普段はキャリアウーマンを思わせる口調で通しているが、怒った際や遊撃隊メンバーとの会話時は軍人らしい強い口調へと変化する。
好戦的かつ非情な性格で、街一つを容易に吹き飛ばせる力と冷酷さを持つが、過去の張との抗争時にダッチに命を助けられた恩は忘れておらず、またロックには何かと目を掛けており、彼から商社マン時代に集めた情報を提供してもらうこともある。

ロベルタ

ブラックラグーン BLACKLAGOON ロベルタ

ベネズエラ出身の白肌のヒスパニック系で、アイスブルーの瞳と長髪が特徴であり、仕事中は伊達眼鏡をかけ髪を三つ編みにしている。
元はキューバで暗殺訓練を受けたFARCのゲリラで、「フローレンシアの猟犬」という異名を持つ。
平和な明日を夢見て革命軍へ参加し、感情を持たない殺戮マシーンとして誘拐や殺人に明け暮れ、FARC司令官の側近も務めた。

「第二のカルロス・ザ・ジャッカル」とも評価され、「人の皮をかぶった肉食獣」と呼ばれるほどの実力であったが、FARCが麻薬カルテルと手を組むようになって、自分の行為に疑問を抱いて組織から脱走し、父の親友であったディエゴにラブレス家に使用人・ロベルタとして匿われたため、ディエゴとガルシアに深い恩義と絶対の忠誠を誓っている。
現在も国際手配中な上にカルテルからも賞金を懸けられている身だが、住み込みのメイドとして身を隠し続けている。

強靭な肉体と二つ名である「猟犬」さながらの高い索敵能力と戦闘能力とを兼備しており、重量が13kg近いバレットM82対物ライフルにアンダーバレルタイプのダネルMGLを装着したものを片腕で楽々と扱い、アニメ版ではロアナプラ市街におけるカーチェイスの際、巨漢のダッチを運転席越しに片腕で車から引きずり出そうとするなど、かなりの怪力の持ち主でもあり、その戦闘描写は超人・達人の少なくない本作の中でも特に常軌を逸している。

エダ

ブラックラグーン BLACKLAGOON エダ

修道服姿の時でも常にフォックススタイルのサングラスを着用し、銃器を身に付けている。
オフの時はラフな服装での男漁りをしている。
よくレヴィとロックの仲をからかっており、レヴィとは喧嘩友達のような間柄。
実はCIAの工作員であり、アジア地域に不安定を持ち込みアメリカの利益誘導をしていたという事が後に判明する。
工作員としての彼女は理知的かつ冷徹かつ傲慢であり、張やロベルタにも手加減なく接する。

シェンホア

ブラックラグーン BLACKLAGOON シェンホア

ロアナプラで活動するフリーランサー。主に三合会に雇われている。
台湾本土出身の本省人で、作中では日本語表記で、不自然に敬語が混ざったり語尾が「?ですだよ」になったりするなど、文法がおかしい英語を話す。
その事からレヴィには「ですだよ姉ちゃん」とからかわれ、よく衝突している。
銃器や防具の類を好まず、高い身体能力と嗜好からか、中華装飾の紐付ククリ刀やスローイングナイフ、クナイなどを武器とする。
常に自分を鍛えるためにどのような場所であってもピンヒールを履いており、それを脱ぐことは「本気で戦う」ことを意味する。

スポンサーリンク
RSS1 RSS Feedly はてな Line Tweet FaceBook RSS2 Follow Follow none none none none
スポンサーリンク

コメント

_____________________________________________________________________________________________________
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。